コンパニオンプランツに挑戦…春原 康太郎


高温多湿の日本では植物には病虫害がつきものです。病虫害対策といえば消毒・殺虫剤散布と、農薬散布に頼ることになります。
でも、できれば消毒や殺虫剤を使用しないで大切な花や野菜を育て楽しみたいですね。

ここで「コンパニオンプランツ」が頼りになります。
コンパニオンプランツとは、植物同士で生育を助け合う植物のことで、これらを組み合わせて病害虫の予防をします。


続きを読む≫

庭をきれいに保つコツ/芝生の管理…阿部 正光

庭づくりと同時に芝生を張るご家庭が増えていますね。上手に管理された緑色の芝生は、見ているだけでも気持ちがいいものです。
一般的に芝生の管理は難しいものと認識されているようですが、それは大きな誤解です。正しく言うならば、
“管理の方法を知らない”というべきかもしれません。

普段、私たちプロが実践している芝生の管理方法を少しアレンジして、ほんのちょっとのコツを覚えるだけで、劇的に簡単にきれいに芝生を維持できる、そんな方法をご紹介します。


続きを読む≫

ポット苗の植え方/植物お手入れのポイント…春原 康太郎

四季を通して様々なポット苗が園芸店で売られています。私も行くとワクワクします。
今回は、ポット苗を寄せ植えする際の植え方をご紹介します。

  • 市販培養土または基本ブレンド 赤玉土6~7割:腐葉土3~4割
  • 鉢底石または発砲スチロールを砕いた物(冬場に地熱を上げる効果もあります)
  • 鉢底網または網戸の網
  • 肥料(元肥)は植える前に用土に混ぜておきます
  • スコップ、園芸ハサミ、割り箸、ジョウロ


続きを読む≫

庭をきれいに保つコツ/コケ対策…阿部 正光

家を建て、庭をつくり、さあこれから理想の生活が待ってるぞと意気込んだのも束の間、ふと庭を見てみると芝生には雑草が生え始め、レンガや石にはコケが付き、砂利の隙間には小さなゴミや落ち葉が入り込み、手に負えなくなってしまったという経験はありませんか?
このコラムではそんな方の強い味方になる「庭をきれいに保つコツ」をポイントごとにご紹介したいと思います。
 今回は、庭のいたるところに生えてくるコケの対策についてお話しします。


続きを読む≫

ポット苗について…春原 康太郎

園芸店での花苗選びのポイント

花がらが摘んであるもの
花が咲き種ができると次の花が上がってきません。
葉の色つやが良く病気でないもの
葉の色つやで選びましょう。
苗の上面まで白い根が張っているもの
この状態の苗はポットを持って軽く振っても株がふらつきません。
土がポットの上まで確りと入っているもの
ポットの大きさに対して8~9割土が入っているのがベストです。
出来るならばポットを外し根が白く均一に張っているもの
よくある悪い苗は根詰りし色が黄色っぽいものやポット内に根が十分に張っていないものがあります。


続きを読む≫

6 / 6« 先頭...23456